大人の社会見学_02_株式会社昴珈琲店

society_tour_title02

株式会社昴珈琲店


〜企業理念〜

「独創」
「孤高」




subarucoffeenavi

JCQA認定コーヒーインストラクター1級の狩山浩子さんに案内していただきました



subarucoffeemain

チームワーク抜群!勉強熱心で明るく元気なスタッフのみなさん。



subarucoffeesub01

今回のスタッフ月一勉強会は「自社工場の見学」。その後はみんなでBBQを楽しみました。


subarucoffeesub02

フレッシュバッグ珈琲は40種類以上!


subarucoffeesub03

年に1~2回は原産国のコーヒー農園を訪れて、代表自ら現地の様子をチェックします。


subarucoffeesub04

X JAPAN・hideさん追悼ブレンド「hide’s coffee」は、5/2の命日の前後10日間のみの期間限定販売。



和気藹々とした抜群の雰囲気!互いをリスペクトして成長する企業

港町呉で1965年に創業以来、「コーヒーひと筋」の昴珈琲店。その知名度たるは、珈琲業界でもトップクラス、呉の人なら誰もが知る『海軍さんの珈琲』をはじめとする地域に根付いた製品と、ユニークな発想力&創造性で展開する「日本人のためのコーヒー」を生み出しています。スタッフはパート含めて13名、大半が女性です。そんなスタッフたちが常に意識していることは、「数ある珈琲屋の中からこの店を指名してくれたお客様を裏切れない」「家族と過ごす時間よりも会社にいる時間の方が長い、だから会社を面白くするのも自分次第である」という細野代表の言葉。この言葉がスタッフたちに浸透していくにつれ、品質保持に対する意識や製品愛なども深まり、スタッフ同士が互いの仕事を認め合い、心から感謝が生まれ相手を思いやる気持ちが芽生えてきました。今では決して馴れ合わず、お互いをリスペクトしながら成長していけるようになったと言います。また、スタッフの意識統一を図るため、年間行事として毎年恒例の初詣やスタッフ月一勉強会があり、英会話や珈琲の知識といった、毎回異なるテーマで様々な事を学び合います。おかげでスタッフ同士の連携は取れていて、みんな仲が良く関係性は良好なのだそう。その証拠にスタッフの定着率はとても高く、「仕事が楽しいというのはありますが、私自身が昴珈琲店のファンなんです!」と、狩山さんは楽しそうに話します。そんな同社では、ほぼ全員が珈琲に関する専門知識をしっかり持ちあせたJ・C・Q・A認定コーヒーインストラクターの資格所有者でもあり、さらなる高みを目指して切磋琢磨しています。目指すところは同じだからこそ、居心地のいい環境なのかもしれません。








subarucoffeemini01

豊富な種類が揃う老舗の風格漂う呉本店の店内。自宅用や贈答品などを求めて多くのお客様が来店します。
subarucoffeemini02

自社で作るからこそ作り置きをせず、新鮮なフレッシュバッグがワンオペレーターで作れます。
subarucoffeemini03

勤務時間外に開催する勉強会はあくまでも自主参加ですが、勉強熱心なスタッフたちは自然と全員が集まります。

subarucoffeemini04

現在リニューアル中の1959店で開催した「Week of hide」には、今年も多くのファンが来店しました。
subarucoffeemini05

hideさんの曲のイメージで焙煎した珈琲豆は、ファンも驚くほどの仕上がりに。
subarucoffeemini06

「スタッフ月一勉強会」は、毎回異なる様々なテーマで自主的に開催しています。

他には真似できないオリジナリティ溢れる製品展開

昴珈琲店は平成27年、革新的な製品開発やサービス創造、地域貢献、地域経済活性化等、様々な分野で活躍している「がんばる中小企業・小規模事業者300社」として選定されました。そんな同店の品質へのこだわりは、大量生産の道を選ばず、美味しいと思うものしか扱わないという真の「珈琲道」を貫き、40種類にものぼる斬新なパーソナルデザインパッケージのフレッシュバッグ珈琲や、夢のコラボ「Week of hide」など、他には真似できないオリジナリティ溢れる製品展開へと繋がっていきました。その「Week of hide」の開発秘話を少しだけ紹介します。X JAPANのギタリスト・hideさんが亡くなり7回忌を迎える2004年に、細野代表は、hideさんの弟でもあるマネジメントの社長と出会いました。そして、日本の珈琲が大好きだったというhideさんの7回忌の会葬返礼品として「hideの曲を珈琲の味で表現する」という素人では計り知れないリクエストをいただくこととなります。ですが、細野代表はhideさんのロックや音楽に対する考えと自身の珈琲に対する想いがシンクロし、臆することなくその依頼を受けることに。こうして2004年7回忌の時には「HURRY GO ROUND」、2010年13回忌には「Pink Spider」、2018年20回忌には「ever free」という3部作が完成しました。この3つが揃うのは期間限定でhideさんの命日5月2日の前後でゴールデンウィークの10日間だけ。hideさんの事務所からのオフィシャルイベントとしての発信もあり、この期間は、全国からファンの人たちが毎年押し寄せています。こうして全国へもその名を馳せる昴珈琲店。「うちは人数は少ないがアイディアだけは大企業と変わらない」そう話す細野代表の強気な言葉の奥には、スタッフたちへの熱いエールが込められているのかもしれません。











subarucoffeemini07

毎年の恒例行事。新年の初詣は近所の亀山神社へ参拝に行き、全員揃って1年をスタートさせます。
subarucoffeemini08

勉強会の後のBBQは、仕事の枠を越えた様々な話が飛び交い盛り上がります。次の仕事の活力に。
subarucoffeemini09

平成27年、経済産業省より「がんばる中小企業・小規模事業者300社」の表彰を受けました。

■ 代表メッセージ

subarucoffeemessage



田舎の小さなコーヒー屋ですが、来年創業60周年を迎えます。弊社の一番の自慢は、何と言っても明るいスタッフさんたちです。数あるお店の中から、昴珈琲店を選んでいただくことがどれほど重要な事か、みんな常に意識しています。女性が多い職場ですが、僕なんかよりみんな優秀で、僕はいつも助けてもらってばかりです。彼女たちのおかげで、コーヒーがより美味しくなりますね。

代表取締役:細野 修平さん






DATA

■ TEL.0823-21-7730 ■ 呉市中通2-5-3 ■ HPはこちら



scroll_top