棚多流の仕事術_特別編_女性のみなさん!今が再就職のチャンスです!!

女性の働くを応援


今は働く人が少ない「人口オーナス期」です。
この人口オーナス期に経済発展する働き方は、
「男女ともに働く」「生産性を上げて短い時間で働く」「多様な人を揃える」
ということが要となっています。


これからの人生を豊かにするための仕事をセレクトしましょう。

“自分のために働く”

女性が再就職を考えるとき、これまでは家族のために家の中で働いてきたわけですが、これからは社会に出て“自分のため”に働きましょう。

“好きなこと、得意なことを活かす”

今持っている資格はどんな資格ですか?これは現在も有効ですか?洗い出しをしましょう。そしてさらにこれからとりたい資格はありますか?どんなことをしているときに時間を忘れますか?得意なことってどんなことですか?これまでどんなことで誉められましたか?
好きなことや得意なことを手掛かりに仕事探しをしましょう。私はいろいろやりたいことがありますが、なかでも女性をきれいにする仕事にも魅力を感じています。

“社会の役に立つというやりがいを”

これまで生きてきた中で、こんなことに困ったよね、こんなことがあったらいいね、こんなふうに世の中が変われば生きやすくなるよね…などなど。感じていることはないですか?
私は核家族で子育てしながら働き続ける中で、女性の働きにくさを実感してきていますので、「働く女性の応援がしたい」「子どものより良い育ちを助けたい」ということがライフワークとなりました。そして、行き詰ったとき「これは社会のためになるのか否か」ということが、私のぶれない座標軸となっています。

“選択肢を広げて求人を観察”

女性の再就職の希望は事務職が半数を占めており、医療職、介護職と続きますが、実際の就職は事務職が3割、接客、販売、サービスと続いており、職種のミスマッチが生じています。
選択肢を広げてどんな求人があるのか探検する気持ちで、3か月リサーチしてみてください。私はよくマーケティングするつもりで求人をみていますが、選択肢を広げて見てみると、なかなか面白いものです。横串を刺して業種でみてみたり、どんな業種や職種がすぐ就職者が決まるのか観察してみると、傾向と対策が浮かんできます。

“女性の発想を活かす”

景気が悪くても売れるものはヒットしています。特に女性の発想によるヒット商品が目立っています。たとえば、日本コカコーラ「い・ろ・は・す」、キリンビール「キリンフリー」、日産自動車新型「ノート」、「0歳から6歳の伝統ブランドaeru」などなど。企画、営業、販売…これも面白そうだとは思いませんか?
そう、今女性のやわらかなチカラが求められているのです。明るく、元気に、しなやかに、働きましょう!!




棚多さん


(公財)広島県男女共同参画財団
エソール広島 常務理事(兼)事務局長

棚多 里美さん

広島県保育士資格/中学校教諭免許/社会福祉士資格/ワークライフバランス認定コンサルタント 広島県庁で長年に渡り、子育て・女性の就労・福祉などに携わり、H26.4月.現職に就任。




scroll_top