大人の社会見学_11_まるか食品株式会社

society_tour_title02

まるか食品株式会社


〜経営理念〜

全従業員の物心両面の幸福を追求すると共に、
地域・社会の進歩発展に貢献する。



maruka_navi

営業部企画課の谷口 真実さんに案内していただきました



maruka_main

「尾道みなと祭」には全社を挙げて参加し、地元尾道を盛り上げています。
今年は4/27㊏、4/28㊐に開催され、まるか食品は4/27に出場予定。

maruka_sub01

夏の繁忙期に向け、毎年7月初旬に開催される「夏祭り」。元々は現会長・川原鞆一氏の誕生日会を社内で行っていたのが起源という、アットホームなまるか食品らしいイベント。

maruka_sub02

地元の小学生に大人気の工場見学。最近では旅行会社のツアーで訪れる大人も多いのだとか。

maruka_sub03

徹底的な清掃活動も同社の特徴。実際に事務所や工場を歩くと、どこも本当にキレイでした♪

maruka_sub04

毎年恒例の社員旅行。昨年は長崎・雲仙へ、また創業50周年の際は台湾を訪れました。


社員も地域も大事にする
家族的雰囲気の〝いか天〟メーカー

海産物問屋が多かったことから地元・尾道の味として親しまれていた「いか天」。それを工業製品化して成功をおさめた「まるか食品」。創業以来続くアットホームな社風の中、パート含め約120名のスタッフが200種類にも及ぶ商品を日々作り続けています。ほとんどが車通勤のためアフター5の集まりはまれですが、新年会や夏祭りなど、年に4回は全スタッフ参加のイベントを実施し親睦を深めます。また、年に1度は社員旅行へ。会社からの補助によりパートスタッフも参加しやすいのは、社員の幸せを理念に掲げる同社らしい特徴です。
おつまみとして食されることが多いため、アルコールの売上と比例して繁忙期が訪れるという、いか天業界。そんな繁忙期以外に実施しているのが工場見学です。多くの地元小学生が訪れるため特に秋はその対応で忙しくなるそうですが、地域の味を伝えられることが同社の喜びでもあります。また、昼休憩や仕事終わりに練習を重ね全員で出場するという「尾道みなと祭」では、地域活性化のため全力で会場を盛り上げるそう。一方、社内環境にも目を見張るものが。全社員が常に改善を意識すべく導入された改善提案活動では、1人月に1件以上の提案をノルマに大小様々な社内改善を行い、作業効率向上などに反映されています。さらに、食品を扱うだけあって毎日の清掃も徹底的。ちなみにチームで行う清掃には第3者から点数をつけられ、高得点が続けばチームに食事会がプレゼントされるというモチベーションアップの仕掛けも。この他、仕事と家庭の両立支援にも積極的で、産休を控えた谷口さんも「育休取得した先輩が多くいるので理解やアドバイスをもらえとても助かっています」と、その働きやすさを話してくれました。




maruka_sub05

「イカ天瀬戸内れもん味」専用ライン。繁忙期ともなれば、1日の製造数はなんと20,000パック!

maruka_sub06

ローラーでスルメを伸ばしているところ。写真のローラーを通すことで、なんとスルメは5倍もの長さになります。

maruka_sub07

川原鞆一氏が個人創業した当時の写真。現在の尾道工業団地ではなく、もっと海に近い場所にありました。

maruka_sub08

世界に2台(本社1Fと2F)しかない「イカ天瀬戸内れもん味」ラッピングの自動販売機を発見!

maruka_sub09

全商品の実に25%もの売上を誇る「イカ天瀬戸内れもん味」。他にも、地元尾道の「BETTER BICYCLES」とのコラボ商品など、様々な企業とコラボしたユニークな味を販売しています。
※「BETTER BICYCLES」とのコラボ商品はGW前までの期間限定発売

maruka_sub10

カルビーの「かっぱえびせん」、三島食品の「赤しそ」、流行発信ショップ「ranKing ranQueen」など、有名企業とのコラボ商品も続々誕生しています。


大ヒット商品「イカ天瀬戸内れもん味」を筆頭に
ユニークな商品続々で、新規ファンを獲得中!

お好み焼きの具材として、またお酒のおつまみとして長く親しまれている、まるか食品のいか天。そんな同社で発売以来トップセールスを走り続けるのが、可愛らしいパッケージと爽やかなレモンの味付けが特徴の「イカ天瀬戸内れもん味」です。2013年、レモンの生産量日本一をPRすべく広島県がキャンペーンに動いたのを契機に当初期間限定として発売されたこの商品ですが、販売終了後、各地のお土産店から「女性観光客を中心にとてもよく売れたからやめないで」とレギュラー化の依頼が殺到。ならばと全面的にリニューアルを敢行し、再発売に至りました。猛烈な勢いで売れ続ける「イカ天瀬戸内れもん味」。この商品の大ヒットにより、まるか食品は女性や若年層といった新たなファンを獲得することになりました。実はシンプルな原材料で作られている各種いか天。そんな中にあって美味しさに差をつける秘密の1つが、3種のブレンド油なのだとか。米の甘味と香ばしさを持つ米油、クセがなく素材の美味しさを引き立ててくれるパームフルーツ油、そして風味を加えるごま油。配合はもちろん企業秘密ですが、この油こそがいか天の味を左右するそうです。そして、こうした美味しさの土台の上で、地元広島をはじめ多くの企業とのコラボレート商品も開発し続けるまるか食品。次はどんな味に出会えるのか…、ファンの楽しみが尽きることはありません。




maruka_mini01

階段には部署ごとの改善提案が所狭しと貼られ、これまでいくつもの提案が実現してきました。

maruka_mini02

どこを見ても清潔な工場内。ちなみに4月からは、増設された新工場も稼働します。

maruka_mini03

感謝の気持ちを形にするサンクスカード。同社では、小さなことでもお互いに伝え合うことを大切にしています。

maruka_mini04

尾道市内のホテルで行う新年会は、出し物などで大盛り上がり!イカとレモンの被り物は、まるか食品の定番?!

maruka_mini05

こちらは社内で開催する忘年会の様子。楽しいゲームなども催され、和やかな雰囲気で一年の労をねぎらいます。

maruka_mini06

その月生まれのスタッフを祝う毎月開催の誕生日会。ちゃんとケーキも用意されます。

■ 代表メッセージ

maruka_message



昭和36年の創業以来、お客さまの、地域のみなさまの、そして私たち自身の「楽しい笑顔」に役立ちたいとの思いを胸に、日々「おいしい」商品を送り出す事に努めてまいりました。今後も、みなさまに「安心」して食していただける「おいしい」商品を通じて、笑顔あふれる大きな大きな信頼の「和」をつくり、心豊かな食生活に貢献していきます。

代表取締役:川原 一展さん





DATA

■ TEL.0848-48-5585 ■ 尾道市美ノ郷町本郷455-10
HPはこちら



scroll_top