大人の社会見学_30_株式会社 広島ホームテレビ

大人の社会見学_広島の企業

株式会社 広島ホームテレビ


〜経営理念〜

広島ホームテレビは「豊かな情報空間の創造」に常に取り組み
安全で活力ある生活の実現と希望あふれる未来に貢献します。




hometv_navi

アナウンサーの斉藤亜緒衣(さいとうあおい)さんに案内していただきました



hometv_main

本番直前、和やかな雰囲気でリハーサルが進みます。

hometv_sub01

通称「サブ」と呼ばれる副調整室には、モニターや機材がズラリ!ディレクターの指示のもと、生番組を制作する部屋です。
hometv_sub02

CM中の談笑シーン。仲の良さが伝わる1コマ。

アット〝ホーム〟なテレビ局は、番組制作も明るく楽しくが基本!

1970年開局、お得な情報番組からツウも唸るスポーツ番組、斬新さが光る深夜番組まで、バラエティに富んだ放送を行う株式会社広島ホームテレビ。社員数は約120名、社名に違わぬアットホームな雰囲気で、自然と挨拶し合う企業風土が自慢です。テレビ局の仕事といえば、報道や制作のイメージが強いと思いますが、編成、営業、技術、総務など、放送を下支えする多くの部門があります。だから同社では、互いの仕事を理解し、協働できるよう、一部署に留まるのではなく、様々な部署を経験するようにしています。
また、事業の特性上、社内レクリエーションは難しいのでは…と思いきや、各部署の担当者で構成される「厚生会」なるものが存在。カープ観戦に花火大会、酒まつりに果物狩り…と、様々なツアーを企画・実施し、仕事以外での親睦を深めています。この他、年に一度の大イベント「ぽるフェス」も全社を挙げて取り組む恒例行事。社員総出でイベント会場の運営に当たり、年を重ねるうちに社員同士の結束が強まっていくのだとか。
そんな同社で、いま女性を中心に人気の番組が「みみよりライブ 5up!」です。広島生まれ広島育ちの松本裕見子さんをメインパーソナリティーに迎え、同じく広島出身のイケメン俳優・吉村卓也さんやカープ芸人・ゴッホ向井ブルーさんを起用するなど広島愛に溢れた番組は、多種多様なお得情報が満載でファン急増中。番組スタッフの中には子育て中の女性も多く、リアルな女性目線が番組作りに活きているのだとか。ニュースで難しいワードが出れば、それを演者がわかりやすく説明する丁寧さもウリです。実際に生放送のスタジオにお邪魔すると、なんとも和気藹々。現場のこの明るさと楽しさが、画面の向こうにも伝わっていくのだと納得でした。




hometv_sub03

厚生会ツアーでは、カープ観戦にも行きます♪
hometv_sub04

厚生会ツアーで西条の酒まつりへ。年に何回か実施され、誰でも参加OKです♪
hometv_sub05

いつも笑顔が素敵な受付スタッフのみなさん。
hometv_sub06

テレビモニターが数多く設置されているのもテレビ局ならでは。常にいろんな情報にアンテナを立てています。
hometv_sub07

本番直前に行う番組PRの撮影前。カメラチェックやメイクの微調整など、次第に緊張感が高まります。
hometv_sub08

「みみよりライブ 5up!」では、計4台のカメラでスタジオを撮影。抜群のカメラワークで演者の表情を映します。

まもなく開局50周年!そんなホームテレビの忘れられない出来事。

2020年に開局50周年を迎える広島ホームテレビ。30周年に誕生した「ぽるぽる」は、LIVEや動画、SHOPにダンスと、同局のマスコットキャラクターとして20年近く活躍中です。そんな広島ホームテレビで、ベテランスタッフが忘れられない出来事として口を揃えるのが、1982年、あの「西部警察」の広島ロケ。紙屋町の交差点を封鎖したり、広電の車両を爆破したりと今では考えられないスケールの撮影に、今ほど多くなかった社員はほぼ総出でコーディネーターやアシスタントとして協力したそう。石原裕次郎さんが同局を訪れた際には、大スターを一目見ようとなんと12,000人もの観客が集まったのだとか。
現在では、プロ・アマチュア問わず、広島のスポーツを応援し盛り上げようと始めた「勝ちグセ。」や、長期的視点で環境保全に取り組む「地球派宣言」も広く認知され、広島の若者文化を作りたいとスタートした「よなよなテレビ」も好調です。その明るく楽しくアット“ホーム”な社風で、これからどんな番組を作り出してくれるのか、ますます期待が高まります。




hometv_mini01

自局でカープ中継がある日は、必勝を願い、社員全員が「勝ちグセ。」Tシャツを着て仕事をしています。
hometv_mini02

2日間で7万人以上を集める大人気イベント「ぽるフェス」。今年は10月6日(土)、7日(日)に開催が決定しています。
hometv_mini03

ロビー内の様子。番組表や各アナウンサーの紹介、自社制作番組のパネルなどでとっても賑やか♪
hometv_mini04

局内のあちこちに、ぽるぽるやドラえもんがいます。
hometv_mini05

ぽるぽる達が暮らす「切り株の家」。開局30周年に製作され、現在は玄関ロビーに展示してあります。
hometv_mini06

平和記念資料館のリニューアルに伴い、同社へ移設された爆心地の円形模型の一部。玄関ロビーに設置してあります。

■ 代表メッセージ

hometv_message



1970年12月に開局し、2020年に開局50周年を迎えます。コーポレート・ステイトメントは「つながってるHOME」。人と人、人と自然、広島と世界、過去と未来をつなぐ会社であり続けたいと願っています。放送のほかにインターネット配信やイベントなどを通して、広島の人に愛され、広島を元気にする放送局を目指しています。

代表取締役社長:三吉 吉三さん
(今年6月就任)






DATA

■ TEL.082-221-7111 ■ 広島市中区白島北町19-2 ■ HPはこちら



scroll_top