大人の社会見学_36_川中醤油株式会社

大人の社会見学_広島の企業

川中醤油株式会社


〜企業理念〜

優れた技術と未来へのすさまじい創造力により、
健康社会の実現に貢献する



kawanaka-shouyu_navi

営業企画推進課の増田 幸恵さんに案内していただきました



kawanaka-shouyu_main

平均年齢は約40歳。活気に満ちたスタッフが日々美味しい醤油を作っています!
kawanaka-shouyu_sub01

直営店「醤の館」。だし醤油やドレッシングなど商品は全て味見が可能♪
kawanaka-shouyu_sub02

ほのかに醤油が香る名物「しょうゆソフトクリーム」も季節を問わず人気のスイーツです。
kawanaka-shouyu_sub03

毎年9月に開催する感謝祭。無料試食やオリジナルぽん酢作りなどたくさんの人で賑わいます。
kawanaka-shouyu_sub04

マツダスタジアムのパーティールームでカープ観戦をするのも、近年の恒例行事のひとつ。

時代に合わせて新しさも取り込む
創業110余年の老舗醤油メーカー

明治39年創業、社内には醤油の良い香りがほのかに漂う川中醤油株式会社。前社長・川中敬三氏が開発して人気となり、今なお看板商品の『芳醇天然かけ醤油』を筆頭に、製造・販売している商品は実に約200種。このうち約150種は飲食店や佃煮・広島菜漬などの調味液として使用される業務用のため、市販品を購入していない人でも同社の商品を口にしている機会は意外と多いそうです。パート含め50名弱という社内は和気藹々。近くの神社で行うお花見や家族を連れて参加したりもするカープ観戦など、定期的なイベントで親睦を図っています。そんな川中醤油の一同が力を入れるのが直営店「醤(ひしお)の館」で年に1回開催される「感謝祭」。うどんや牛丼など自社商品を使った無料試食や自分でブレンドできるオリジナルのぽん酢作りなど、ユニークなイベントを企画し、例年幅広い世代が来場します。
こうしてお客様との距離、スタッフ同士の距離の近さも自慢の川中醤油ですが、変わらない真摯なモノづくりはもちろん、近年ではSNSなどでオススメのレシピや自社のあれこれを発信。オリジナルの4コマ漫画やLINEスタンプなど、時代に合わせて消費者により楽しんでもらえる販促展開を考え、新たなファンを獲得し続けています。また社内の働き方に関しても、「Teamがん対策ひろしま」への登録をはじめ、全スタッフの健診、果ては川中代表のダイエット宣言と、〝健康社会の実現に貢献する〟企業理念を掲げるからこそ、まずは働いている側の健康のための改革を遂行中。産休育休も含め、より働きやすくやりがいのある環境が、次の商品のアイデア、新しい商品の提案方法の基盤になっているようです。




kawanaka-shouyu_sub05

毎年恒例のお花見。方針計画発表会の後に、全スタッフで会社近くの花見スポットに集まります。
kawanaka-shouyu_sub06

工場見学の様子。地元の子供達はもちろん、10〜20名の団体なら一般の人でも見学OK!
kawanaka-shouyu_sub07

約50種類がズラリと並ぶ醤の館の味見コーナー。オススメのレシピなども置いてあり、主婦を中心に人気です。
kawanaka-shouyu_sub08

「ザ・広島ブランド」認定の看板商品「芳醇天然かけ醤油」(中)、庄原産の八重桜を使用した「さくらドレッシング」(右)、今年2月に新発売された「甘口はちみつゆずぽん酢」(左)など、市販商品だけでも約50種類!

食卓に笑顔の花を咲かせるために
名脇役としての調味料造りは続きます!

「醤油=家庭の味、おふくろの味。醤油は決してメインではありませんが、料理の味を何倍にも引き立ててくれる存在です」と川中代表。だからこそ、単に商品を販売するだけでなく、そこに物語性を加え、豊かな食卓に寄与できればと続けます。近年では、若手社員が中心となって男性でも簡単に料理を美味しくできる「男が使うにんにく醤油」や、地域の食文化を守りたいという思いを持ったNPO法人と協同で開発した「さくらドレッシング」、酸味が苦手な子供や男性を持つ主婦が手軽に使えるようにと女性目線で作られた「甘口はちみつゆずぽん酢」など、スタッフの情熱が詰まった新商品を次々と開発。それらを使ったオススメの料理を醤の館やSNS、レシピ本などで提案することで、決してメインにはなりませんが、豊かな食卓、家族の団欒をそっと演出し続けているのです。




kawanaka-shouyu_sub09

自社スタッフ制作のおもしろ4コマ漫画。月1回くらいの頻度でTwitterにUP中。@kawanaka_shouyu
kawanaka-shouyu_sub10

創業110周年を記念して発行された自社製品のレシピ本。プロの料理研究家が監修、スタッフも編集に加わりました。
kawanaka-shouyu_mini01

醤油加工工場内の様子。工場見学では、醤油博士と呼ばれる豊富な知識を持つスタッフが案内してくれます。
kawanaka-shouyu_mini02

工場見学では、どれがどの醤油なのかを当てる「利き醤油」にも挑戦!子供はもちろん、大人達にも好評です。
kawanaka-shouyu_mini03

明治39年、安佐郡伴村にて創業。三輪トラックに足を乗せているのは、後の三代目・川中敬三さん。

■ 代表メッセージ

kawanaka-shouyu_message



歴代の社長が築き上げてきた伝統と信頼のもと、“時代に合わせて変えるべきところは変え、良いものは守る”をモットーに皆様の食卓をより豊かにできるような製品づくりを目指して行きたいと思っております。醤の館には名物スイーツや季節商品もございますので、どうぞお気軽に足をお運びください。

代表取締役社長:川中 康三さん





DATA

■ TEL.082-848-0008 ■ 広島市安佐南区伴中央4-1-6
HPはこちら



scroll_top