大人の社会見学_35_株式会社ボンド

大人の社会見学_広島の企業

株式会社ボンド


〜企業理念〜

人づくりに繋がるホステルを。


bond_navi

マネージャー/長女の鶴巻 咲さんに案内していただきました



bond_main

新年会にて。昨秋オープンしたクレインのスタッフも加わった、貴重な集合の機会となりました。
bond_sub01

3周年パーティー。毎回、その日宿泊しているゲストから関係業者のみなさん、ご近所さんまでたくさんの人が出席します。
bond_sub02

仕事中の1コマ。様々な国からゲストが訪れるため、バックパッカーズ宮島のスタッフは全員英語を話せます。
bond_sub03

毎年秋には社員旅行へ。行き先は国内・海外イロイロで、アルバイトも参加OKです♪
bond_sub04

馬水代表の誕生日パーティー。毎回スタッフがあれこれサプライズを考えるのも楽しみのひとつ。

役職が〝父〟や〝長女〟!?家族経営ならぬ家族主義経営!

宮島口と平和公園そばで2つのホステルを運営する他、ホステルの開業支援やコンサルティングを行う株式会社ボンド。特筆すべきは、代表を「父」、専務を(男性だけど)「母」、その他「長女」「次女」など、社員の役職がユニークであること。実はこれ、山あり谷ありの人生経験をしてきた代表の〝人を大事にする会社にしたい〟という創業時の思いを具現化したもの。だから同社ではスタッフ同士の仲間意識・家族意識が強いのはもちろん、社員寮の入居や社員旅行の参加はアルバイトもOKなど福利厚生も充実し、卒業していったスタッフとも未だに仲が良いのだそう。ちなみに父の日や母の日にプレゼントを贈るのも、ボンドではおなじみの光景です。とはいえお給料をもらう以上、例えアルバイトでもそこはプロ。ミーティングには全スタッフが参加し、イベント企画から数字までを真剣に考え行動していきます。距離感が近いからこそ、あれこれ指示をしなくても自然と向上心を持って仕事に励む姿もボンドの特徴です。
ゲストと朝までカラオケを楽しんだり、一緒にトランプをしたりするのも、開放的な海外からのゲストが多いホステルならでは。また、誕生日と聞けばケーキを買いに走り、受験生と知ればみんなで寄せ書きを贈り…スタッフ同士を思いやる風土が根付いているからこそ、それがそのまま仕事でのホスピタリティーへと生かされています。そしてこうした姿勢は口コミで多くのゲストに評価され、スタッフのモチベーションにも繋がります。例年、冬場には宮島口のホステルを1ヶ月休館し、旅行好きな面々は思い思いに海外へ。渡航先では当然ホステルを利用し、旅を楽しむ半面多くのことを学び、さらなるおもてなしの心を養っています。




bond_sub05

社員寮にてスタッフ同士の交流会。アルバイトスタッフも入居できるとあって、それぞれの距離もより縮まります。
bond_sub06

バーの閉店後にはスタッフ同士で大富豪大会。自然とゲストが参加してくるのも、ならではの風景。
bond_sub07

売上よりも祝福が大事!鶴巻さんの結婚式には、ホステルを休館にしてスタッフ全員で出席しました。
bond_sub08

新年会の後は夜中までボーリング大会。父チーム・母チームに分かれて大盛り上がりでした。

話題の有料パウダールームもオープン!
2つのホステルは今日も笑顔と元気が溢れてます!

昨年9月、平和公園近くにオープンした女性専用のホステル「クレイン」。そこに併設されたのが中四国初となる有料パウダールーム「COHAKU」です。専用化粧台にはヘアアイテムや美顔スチーマー、流行のコスメまで取り揃えてあるため、ライブ前の着替えから女子会やコンパ前の化粧直しまで利用者は様々で、バスセンターも近いため、すっぴんで夜行バスを降りた県外利用者の駆け込み寺としても評判は上々の様子。そんなクレインではバックパッカーズ宮島と異なり休館日がないため、スタッフはそれぞれに企画を立て、飲み会や焼き芋パーティーなどを開催して親睦を図っているそうです。そもそも離れた場所でのホステル経営なので全員が一堂に会することは稀ですが、去る1月には2つのホステルのスタッフが集まり新年会を開催。年齢も出身も個性も異なりますが、つまりは株式会社ボンドという家の中で育った家族。打ち解けるのに時間は必要なかったみたいです。




bond_mini01

バックパッカーズ宮島での秋の恒例行事、弥山登山。毎年登りたいゲストを募り、昨年は25名が参加しました。
bond_mini02

クレインでの通称「井戸端会議」。女性スタッフばかりの和やかな雰囲気ですが、会議の内容はいたって真面目です。
bond_mini03

本社オフィス内。デザイン会社や清掃会社など、グループ会社と1フロアを共同で使用しています。
bond_mini04

バックパッカーズ宮島は1Fがカフェバーになっているので、宿泊以外でも気軽に立ち寄れます。
bond_mini05

中四国初!話題のパウダールーム「COHAKU」。1時間500円で、ゆっくり座って化粧直しや着替えができます。
bond_mini06

18年9月にオープンした女性専用ホステル・クレイン。完全個室なので休憩や仮眠場所としても人気です。

■ 代表メッセージ

bond_message



日本にはまだまだ馴染みのない「ホステル業界」を一人でも多くの旅行者に伝え、さらにホステル業界に一人でも多くの雇用を創出したいと考えています。企業理念である「人づくりに繋がるホステルを。」とは「人間力を身に付け、社会貢献に繋がる人になること」です。これからも業務を通じて「人」としての成長を大切にしていきたいと思います。

代表取締役/父:馬水 茂男さん





DATA

■ TEL.082-296-6800 ■ 広島市中区舟入町6-2-2F
バックパッカーズ宮島HPはこちら
クレインHPはこちら



scroll_top