いまさら聞けないSDGs《エス・ディー・ジーズ》って!?

SDGsトップタイトル
突然ですが「SDGs」ってご存知ですか。近年よく耳にするようになった言葉ですが
「すべての目標を知っている」「会社や生活の中で実践している」という方は
まだまだ少ないかもしれません。そこで今回は、
外務省「SDGsを達成するための新たな資金を考える有識者座談会」の元座長で
UNDP(国連開発計画)が企画する「SDG Impact」の運営委員でもある
コモンズ投信の渋澤健会長に、「SDGs」についてわかりやすくお話しいただきました。



QISDGSって何

イラスト01
2015年9月の国連サミットにおいて、加盟193か国の満場一致で採択された人類共通の目標のことです。例えばアメリカでは分断が進み、日本をはじめ先進国と途上国の間には格差があり、日本国内でも貧困問題などの格差が問題になっています。こうした格差のある社会ではなく、格差のない社会、〝誰一人取り残さない〟社会、多様性と包摂性(インクルージョン)のある社会を2030年までに実現することを目指しています。SDGs(エス・ディー・ジーズ)は「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、17の大きなゴールと169のターゲット、さらに具体的な数値目標が書かれた232の指標から構成されています。


Q2持続可能な開発ってどういうこと

イラスト02
かつての開発は、木材資源調達などのための森林破壊や廃棄物を海に捨てる海洋投棄など、様々な公害を引き起こしました。また、魚の乱獲では一緒に獲れた小さな魚は捨ててしまい、それが資源の枯渇を招いています。大量生産大量消費の時代はある意味でそれが効率的なやり方であり、我々人間にとって便利な方法であり、それで進んでいけたのです。しかし、地球規模で考えると当然資源には限りがあります。今の自分たちの都合だけで生活を考えるなら問題なくても、私たちの次の世代のことを考えたとき、森林の伐採やゴミの投棄、乱獲はまったく未来を考えていないことになるのです。それって持続可能とは呼べませんよね。SDGsはそこに警鐘を鳴らしているのです。日本は開発が進んでいますが、新興国や途上国ではいまだ教育や医療といったものも含め社会インフラが整っていません。
その日本では、かつて産業発展のために成長に使える資源に限りがあることなどあまり考えずに開発をしてきました。しかし今の時代に生まれてくる若者たちは、現実に環境問題に直面しています。だから日本だけの話でもなく、日本から遠い国の話だけでもないのです。世界全体が環境や社会課題をきちんと考えながら、より良い未来となる開発を進めるべきなのです。「持続可能な開発」とはつまり、現在の世代も未来の世代も幸せになれる開発と言えます。そして私はこれを「MeからWeへ」の考え方に置き換えることができると思っています。今の自分(Me)だけじゃなく、社会(We)のためになるよう行動していく。社会が幸せであるから今の自分も幸せになれると思うのです。



Q317の目標はどうやって決められたの

SDGs17の目標


Q4私たち一人一人にできること

海外に向けたものでも地域に向けたものでも、SDGsをテーマに取り組んでいるNPOはたくさんあります。そうした団体に寄付をしたりボランティアに参加したり、何らかの形で関与することができます。また、私たち消費者は、一人一人が何を購入するかの選択肢を持っています。つまり商品を購入する際に、その会社がフェアトレードや環境保全など、SDGsにしっかり取り組んでいるかを見て選ぶことができるのです。SDGsの精神に沿った商品を買えば、その会社が潤います。逆に買われなかった会社は売り上げが落ちます。企業にとってもSDGsに取り組むことは、余計なコストではなく、意識の高い顧客がファンになってくれる先行投資となるのです。例えば私たちコモンズ投信が運用するファンドも、持続的な成長に真摯に取り組む企業を投資先とし、その先にSDGsの達成があると考えています。
一人で壮大なことはできません。でも自分の子どもや孫のより良い未来を想像することは一人でもできます。そして、この将来のビジョンを共有する人が集まればムーブメントにつながります。コツコツ繰り返すことで資産形成ができる積立投資に似ていますよね。自分ができることから積み重ねればSDGsの目標達成につながります。より良い未来のために、自分もこの取り組みに参画している当事者であると忘れないでください。



渋澤健さんプロフィール

新刊SDGs投資



SDGs地元企業の取り組み


リーガロイヤルホテル広島

リーガロイヤル食品ロス01

リーガロイヤル_客室
広島県のホテルで「エコマーク」初認定。
環境に優しいホテルへ

かつての開発は、木材資源調達などのための森林破壊や廃棄物を海に捨てる海洋投棄など、様々な公害を引き起こしました。また、魚の乱獲では一緒に獲れた小さな魚は捨ててしまい、それが資源の枯渇を招いています。大量生産大量消費の時代はある意味でそれが効率的なやり方であり、我々人間にとって便利な方法であり、それで進んでいけたのです。しかし、地球規模で考えると当然資源には限りがあります。今の自分たちの都合だけで生活を考えるなら問題なくても、私たちの次の世代のことを考えたとき、森林の伐採やゴミの投棄、乱獲はまったく未来を考えていないことになるのです。それって持続可能とは呼べませんよね。SDGsはそこに警鐘を鳴らしているのです。日本は開発が進んでいますが、新興国や途上国ではいまだ教育や医療といったものも含め社会インフラが整っていません。




SOMPOひまわり生命保険

SOMPOひまわり生命02

SOMPOひまわり生命保険03
健康応援企業として、積極的な活動と
サービスを展開

「いざという時に保険金をお支払いする」だけでなく、「病気にならないように支援する」というコンセプトのもと、健康サービスブランド『リンククロス』を展開するSOMPOひまわり生命。他にも、保険本来の機能に健康を応援する機能を組み合わせ、従来にない新たな価値「保険+健康 Insurhealth®(インシュアヘルス)」を提供するなど、お客様の健康維持・増進を全力でバックアップしています。また、認知症の方と一緒にタスキをつないで全国を縦断する「RUN伴」への参加や「認知症サポーター養成講座」の開催、ピンクリボン運動の啓発など、健康・福祉への活動も積極的。「健康応援企業」としての取組みを加速させています。




マリモホールディングス

マリモホールディングス02

マリモホールディングス03
快適な暮らしを提供し
そこから地域貢献・社会貢献へ

不動産総合デベロッパーとして全国44都道府県で安心・安全・快適な住まいを提供し続けるマリモ。必要な街に必要なだけの不動産開発を行い、そこに暮らす人々の安住はもちろん、地域の活性化や雇用の創出に寄与しています。また、“地方から日本を強くしていく”ことを基本理念とした「マリモ地方創生リート投資法人」や、“建てるだけでなく、その地域を元気にしていく”ことを目的とした「つながりデザインプロジェクト」の活動など、地域貢献にも尽力。10年後にビジネス、ソーシャルの事業割合を半々とするソーシャルビジネスカンパニーとなることを目指して、マリモホールディングスの事業展開は不動産の枠を越えて拡大しています。




井辻食産株式会社

井辻親子料理教室

井辻食産03
餃子を通じて食育や食品ロスの
解消、環境問題に取り組む

井辻食産では、食品ロスの軽減と地域の働くママたちへの支援、子供の貧困問題解決のため「こども食堂」を実施。取引先やフードバンクからいただいた食材でシェフが献立を考え、外食気分を味わってもらっています。また、「親子料理教室」では、手作り餃子で「作るたのしみ 食べるたのしみ」を体感してもらい、地域の食育活動に貢献。いずれも親子の笑顔と地域の輪が広がるきっかけになっています。その他、食品ロスをなくそうと餃子皮類の賞味期限を40日に延長。日々の研究から小麦の成分であるふすまの発色を遅らせる事が可能になり、お客様にとって取り扱いやすい商品となりました。卸し先のスーパーなどではロスが大幅に減るという効果も生んでいます。 ※「こども食堂」「親子料理教室」ともに現在は新型コロナウイルスの影響で自粛中
scroll_top