働き女子「プチ不調」徹底メンテナンス

働き女子「プチ不調」徹底メンテナンス


仕事に恋に遊びに…アクティブな毎日を送る現代の女性たち。
そして結婚、出産と女性としての転機を迎えるたびに、生活スタイルの変化から心身に様々な影響を与えています。
そんな働く女性たちの多くは、病院へ行くほどではないけれど、何かしら不調を感じています。
「なんだか疲れが取れない感」が否めないのは、女性なら誰でも頷ける感覚。
今こそ、もっとカラダとココロと向き合う時!
そこでみんなが気になる健康法や、日々の生活で取り入れたい健康習慣などをご紹介。
今月は、健やかに私らしく働くために、自分の健康づくりについて考えてみましょう。



「はたじょメンバーにアンケート」


Q1


Q2


Q3


Q4


Q5


あなたが実践している症状別の不調の対処法を教えてください


もともと代謝が悪く、肩こり・偏頭痛・手足の冷えなど、血行の悪さからくる不調が慢性的にあります。 特に最近頻繁に偏頭痛が起こるようになり、根本的な改善を求めて整体へ行ってみました。 そこで教わった事は、今日も肩が痛いなぁ…天気が悪いから偏頭痛が来そうだなぁ…などと、不調について考え過ぎると、無意識に体の筋肉が緊張してしまうそうです。病は気からと言いますが、好きなお菓子を食べて気を紛らわせたり、何か集中できることに没頭したりするだけでも不調と感じる回数が減りましたよ!
みどり(28歳)

肩こり、首こりは慢性的な悩みです。週二回ヨガに通ってストレッチ頑張ってます。 たまにマッサージや鍼灸にも通ってます。
takako(44歳)

定期的に運動などはしていますが、肩こりや足のむくみに悩んでいます。 お風呂ではかならずお湯に浸かるようにしています。お湯に浸かりながら、耳をつまんで上や下に引っ張ったりしながら回すと顔や首筋がスッキリします。
mako(33歳)

妊娠したこともありいつも不調を感じています。しんどい時は1日家で横になって、家事を何もしないと開き直っています。開き直りは大切です。
さおり(29歳)

今の仕事を始めてパソコンとずっと向かうようになり、肩こりが顕著に出ました。気がついたら肩や首を回したり、トイレに行く際、背伸びや軽いストレッチをしたりします。 あとは定期的に整体などへ行き、慢性的なものにならないよう気をつけています。
おみ(28歳)


腰痛は腰の下にタオルを固く巻いたものを置いて寝て、上下に体を動かして、イライラは、大好きな読書をして、おいしいものを食べて、友達に愚痴ることで、便秘は意識して、水分を多めにとることで、解消しています。
まよたこ(56歳)

偏頭痛の時には、部屋を少し暗くして頭を冷やして横になる。
とも(36歳)

体全体がしんどいときはヨガをして体を動かしたら楽になる。頭が痛かった時などは頭痛が改善する音楽を聴きながらツボ押しをしてそれでも治らなかったら薬を飲む。
reika(29歳)

五十肩は、ストレッチするようにしています。 冷えやむくみは、運動不足が原因なので、ウォーキングをしています。 生理痛は、病院で処方薬をもらっています。 身体のだるさ・頭痛は、とにかく早めに寝たり、昼寝を15分程度することで少し改善します。
れもん(49歳)

デスクワーク中心でパソコン作業が多いので、目の疲れ、腰痛、むくみなどがあります。 特に生理前や天気の悪い日は頭痛がするほどで、目や頭周りのツボ押し、ストレッチをこまめに行っています。 両耳を上、外、下に引っ張るマッサージがよく効くと思います。 眠気も覚ましてくれるので、気分転換に良いです。
まあみり(31歳)

肩こりには湿布を貼ったり旦那さんに揉んでもらったりします。イライラした時も旦那さんに愚痴を聞いてもらいすっきりします。
なりとも(43歳)


※「はたじょ」調べ ●調査期間/2018年9月7日〜11日
●年齢/20〜29歳 17%、30〜39歳 46%、40〜49歳 29%、50歳以上 8%




プチ不調の原因となる生活習慣



女性のプチ不調は自律神経と女性ホルモンに関係あり


自律神経は、私たちの意思とは無関係に働く神経で、交感神経と副交感神経の2種類がバランスを保ちながら動いています。交感神経は体を活動モードにする神経。一方副交感神経は体を休息モードにする神経のこと。この二つの神経のバランスが崩れると自律神経が乱れ、不調を引き起こします。また女性は、女性ホルモンのバランスを崩すと、視床下部を通して自律神経にも影響を及ぼすため、不調が起こりやすくなるのです。


自律神経のバランス


仕事のストレスが不調を起こす


プチ不調は20代後半から感じ始める人が多いというのが特徴。この時期に不調を感じやすいのは、体の機能の問題というより、ストレスの影響が大きいようです。20代後半になると仕事での責任が大きくなり、即戦力として仕事を任されるので、残業や休日出勤をするなどハードな生活に。それに既婚者は家事や育児まで加わるとストレスだけではなく、体力的にも辛くなり、自律神経や女性ホルモンに影響を及ぼします。心身の様々な不調は、ストレスや乱れた生活への警告と受け取り、自分を取り巻く環境を見直しましょう。


仕事のストレス_img



放っておくと恐ろしい「不調のサイン」


病気じゃないけど、何となく不調という人は意外と多いもの。今回は、これまで多くの方たちの健康づくりに於いてアドバイスをしてこられた「やまさか薬局」の薬剤師・山坂先生にお話をお伺いしました。


【 プチ不調の原因の多くは「肩こり・目の疲れ・冷え」】

一般的に、働く女性に多く見られる不調は「肩こり・目の疲れ・冷え」と言われています。デスクワークで長時間同じ姿勢のままパソコン作業をし続けるといった習慣の積み重ねが不調を引き起こす一因になっていたり、それに加えて、室内外の寒暖差などからくる冷えも不調の原因のひとつとされています。特に男性が多い職場だと夏場はエアコンの温度設定が低すぎて体が冷えて体調を崩してしまうケースなど、多くの人が経験したことではないでしょうか。肩こりや目の疲れを感じる前に、たまには席を立ち背伸びやストレッチをしたり、パソコン作業の途中で適度に目を休める工夫やブルーライトカットの眼鏡を着用するなど、自身でできることは意識して心がけてみましょう。また、女性は皮下脂肪が多く、冷えについて言えば、皮下脂肪は外からの熱を通しにくく一旦冷えてしまうと温まりにくい性質を持っているため、体は冷え切る一方になります。そうならないためにも日頃から体を温めるケアが必要になってきます。湯船に浸かるのは常識ですが、日頃から首回りや手首・足首などを温めることを徹底していくことで、体感温度は3~4℃上がるとも言われています。不調にならないためにも、体温をできるだけ下げないように心がけることをおすすめします。

【 その症状、季節の変わり目のせいにしていませんか? 】

職場で見られる不調について書きましたが、それ以外の不調について触れてみたいと思います。秋は朝夕の気温差が激しく体調を崩しやすい季節ですが、このような症状でお悩みではありませんか?
◦頭がスッキリしない◦よく頭痛がおこる◦身体がだるい◦いびきをかく◦耳の調子が悪い◦目の奥が痛い◦肩、首がこりやすい◦上の奥歯に違和感がある◦顔がむくむ◦胃腸の調子が悪い◦集中力がなく物忘れをする◦痰がのどにからむ等々。実はこのような症状は副鼻腔炎が原因である場合が多いのです。副鼻腔とは顔の奥にある空洞で、頬の裏側の上顎洞(じょうがくどう)、目と目の間の篩骨洞(しこつどう)、額の裏側の前頭洞(ぜんとうどう)、耳のそばにある蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の4つに分かれていて、炎症が起こっている副鼻腔の場所によって様々な症状が起こります。

【 それは後鼻漏かも! 】

後鼻漏(こうびろう)とは副鼻腔に溜まった鼻水がのどに流れてくる症状を言います。風邪などの急性副鼻腔炎、花粉症などのアレルギー性鼻炎、蓄膿症などの慢性鼻炎の方によくみられる症状ですが、鼻炎の自覚症状がない方にも現れます。後鼻漏の原因として「水分を摂り過ぎる・甘いものや冷たいものを良く食べる・疲れていて免疫力が落ちている」などがあります。後鼻漏になってしまったら、胃腸の冷え、水分代謝の悪さ、疲れがとれにくいなどの病気の原因を予防的にじっくりと治していくことが大切です。特に水分の摂り過ぎ、甘いものや冷たいものの食べ過ぎは要注意です。ですから体質や症状に合わせた漢方薬を服用するだけでなく、生活習慣を改善することで早く症状が改善します。漢方では秋は肺→大腸→鼻が弱りやすい季節と言われています。我慢できるからと放っておくと様々な合併症を引き起こす危険性もあります。このような症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。


後鼻漏イメージ図_img



山坂寛信先生
やまさか薬局 薬剤師
山坂 寛信先生

《 Profile 》1964年、広島市生まれ。県立観音高校卒業。帝京大学薬学部卒業。株式会社山坂薬局代表取締役。薬剤師・男性美容アドバイザー。2000年独立後、地域の方々に元気で輝いた人生を送っていただくために尽力する日々を送る。


scroll_top