STOP!ザ“オーラル老化”

STOP!ザ「オーラル老化」


お顔のアンチエイジングですぐに思いつくのは「お肌」のメンテ。
でも、アンチエイジングするなら「お口」こそ最重要パーツです。
なぜならお口の衰えはからだの様々なところに影響していくから。
口から始まる病気や不具合は年を重ねるたびに増えていき、「もっと早くメンテすれば良かった…」と
年をとって後悔する人がたくさんいるのが現状なのです。
気になるところは早めに対処し、お口の中からアンチエイジングを目指しましょう!




みんなの気になるアンケート


声01
声02
声03



※「はたじょ」調べ ●調査期間/2019年7月31日〜8月5日
●年齢/20〜29歳17%、30〜39歳43%、40〜49歳28%、50歳以上12%







ドクターズ_アドバイス


アンケートでもあがってきた女性のお口の気になる症状にドクターがアドバイス!
専門家から見た主な原因や対処法、悪化させないためのポイントをお聞きしました。



ドクターズ_01


ドクターズ_02


ドクターズ_03


ドクターズ_04


ドクターズ_05



正しい歯磨きのPOINT!


POINT01

「歯間」「歯と歯肉の境目」など、プラーク(歯垢)がつきやすいところを特に念入りに!歯ブラシの毛先が届くように意識し、歯間ブラシなどを併用するとより効果的です♪

広島タワーデンタルクリニック
歯科衛生士 土居さん


POINT02

〈歯の間のブラッシングポイント〉
最初に歯間ブラシやフロスを使い、歯の間に挟まった汚れを取り除きます。次に歯ブラシを縦に持ち1本ずつ小刻みに縦に動かします。舌の先で歯がツルツルになっているか確認しながら磨いてください。

みどり歯科 歯科衛生士 藤井さん


POINT03

舌の表面にベタベタと付着した「舌苔」は、口臭の大きな原因となります。歯磨きの際には、舌が傷つかない様に専用の歯ブラシを使用して、舌の表面もしっかり洗浄しましょう。

匠歯科・矯正歯科 歯科衛生士 佐伯さん


POINT04

基本は①と②の併用です。①歯ブラシもしくは電動歯ブラシ②デンタルフロス・歯間ブラシ等①の歯ブラシなのか電動歯ブラシなのかは、それぞれの人によって異なりますので、指導をうけてください。

木村歯科医院 歯科衛生士 田村さん


scroll_top