将来のお金を今から育てよう!

将来のお金を今から育てよう!


2019年の始まりです。新年を機に、今年こそしっかりお金を貯めようと
決意された人も多いと思います。貯蓄だけでは将来に備えるのは難しい時代だからこそ、
これからはお金を貯めるから育てるに変えていくことが大事なのです。
そこで今回は、投資のプロ、セゾン投信株式会社の中野晴啓社長に、
お金を育てる最適な手段「投資信託」についてレクチャーして頂きました。



中野晴啓さん




そもそも投資信託って何?


投資信託は、簡単に言えば、皆さんのお金を一つにまとめて投資をする金融商品です。一人ひとりでは少額でも、人数が集まるので多額になり、それを専門家が分散投資をしながら運用するという特徴を持っています。まとまって数十億円、数百億円単位になれば、個人ではアクセスしにくい地域や国に投資したり、多くの株式や債券などに投資ができます。


投資信託_説明図



投資信託の選び方は?


「長期・積立・国際分散」という投資3原則を守り、それにふさわしい投資信託を選ぶことをオススメします。「長期(投資)」とは、長い時間をかけて、ゆっくりと将来のための資産を育てることです。長期的な視点をもって投資に臨めば、「早く結果を出さなければ」と焦って、ハイリスク・ハイリターンな商品に手を出すことはありませんし、一時的な経済環境の悪化や市場の暴落などにふりまわされる必要もありません。投資先が成長するのをじっくりと待つことができ、その間に複利の効果もあって、資産はどんどん増えていきます。
次に「積立(投資)」とは、商品を一度にたくさん買うのではなく、毎月決まった額で、少しずつ買っていくことです。こちらは後述します。
「国際分散(投資)」とは、投資先などをできるだけ分散させることです。投資先を分散させれば、リスクもリターンも分散され、「大きく勝つ」こともなくなるかわり、「大きく負ける」こともなくなります。また、一つの国や特定の地域ではなく、世界中に分散投資をすれば、おそらくまだまだ成長し続けるであろう「世界経済」「地球経済」に投資することになります。
以上の原則を基本に考えれば、AIなどのテーマ型ファンドを選ぶのではなく、しっかりと長期で国際分散投資ができる投資信託を選ぶことが、資産を育てる近道になります。



どのくらいの期間の運用を考えればいいの?


前述しましたが、とことん長期です。日々の株価は人の感情に左右されてランダムに上がったり下がったりするものです。その株価を予想して儲けようとしても、日々色々な分析をして売買するプロ投資家でも勝つのが難しい中で、皆さんが働きながら勝つのは極めて難しいことです。そこで大事なのが、「長期的には価格は価値に収れんする」という法則です。短期的には規則性なく上下動する株価も、長期的には投資対象の価値に等しい価格へと近づいていくものであり、だとすれば経済の成長を担う「価値あるもの」に投資して長期間保有していれば、価値の増大(成長)に伴って価格も上がっていくのだ、ということです。
 その法則を念頭に置けば、長期投資とは決して偶然性に賭けるのではなく、経済の成長という蓋然性を見いだして、それを生み出す経済活動の中で、ゆっくりと時間をかけてお金を育てていく行動です。成長が続くことを前提にすれば、長く投資を続けるほどお金は大きく育つことになります。3年、5年と言わず一生続けるつもりで長期投資に取り組んでほしいです。


bbd8b3884e29a9a68416ed06a44a1058



どうやって始めるの?
まとまったお金がないとできないの?


少額から投資できます。会社の株を買う場合には、最低購入単位があるためにある程度まとまったお金が必要です。例えば、1株1000円の株を100株単位で買える会社ですと、最低でも10万円と売買手数料が必要になります。
一方、投資信託は通常1万円から購入することができます。最近では100円や1000円から買える金融機関もあります。そして、まとまったお金がない方にお薦めしたい投資方法は「積立投資」です。この「積立投資」の最大の長所は、「いつでも誰でも始められる」ことです。投資信託の積み立てでなら、月々数千円で始められます。どんなにお金のない方でも、例えば月に1回、外食を我慢すれば、積み立てに回すお金を捻出できるのではないでしょうか。
もう1つの長所としては、「買うタイミングを気にする必要がない」ことです。積立投資であれば、毎月決まった日にあらかじめ決まった額で買付けが行われるので、そのうち買った価額も忘れてしまいます。また、その後も基準価額が下がっていればより多くの商品を買うことができますし、基準価額が上がっていれば、自分の商品の資産価値が上がるので、一喜一憂する必要がなくなるのです。
無理のない範囲でかまいませんので、給与天引きや銀行引き落としによって、毎月一定の額が投資に回るよう設定し、その分のお金は初めからないものとして、やりくりするようにしてみてください。



投資はいつでも止められるの?


止められます。極端にいえば、始めた次の日にも解約できます。ただし、現金化には少し時間がかかります。投資信託によって異なりますが、例えば日本の株式を対象としている投資信託は解約請求日から起算して4営業日目受渡を適用しているケースが多いようです。つまり、緊急の資金ニーズには対応できません。「ちょっと反応が鈍いATM」というくらいに思ってもらえるとよいです。ちなみに解約は一括だけでなく、円単位からでもできますので必要なときに必要なだけ解約することで、引き続き投資を続けることも可能です。



最後に読者へのメッセージをお願いします。


多くの皆さんが投資を誤解しています。決して相場で勝負することではなく、お金を経済活動に働きに出して、経済成長を養分にゆったりのんびりと育てて行く。そして毎月自分が出来る範囲で少しずつコツコツと、経済の中に入れて行く積み立て投資なら、誰でも行動できるはずです。
投資は社会とつながるステキな行為。その魅力と将来に向けたお金の育て方を楽しくみんなで学びましょう!







お金に関するアンケート


_Q_現在の貯蓄額は?


_Q_将来的に不安は?


_Q_制度を知っていますか?


_Q_興味はありますか?


_Q_資産運用はしていますか?


_Q_しない理由は?


_Q_今後行う予定は?


_Q_始めて何年?


_Q_始めたきっかけは?


_Q_どのような商品で運用していますか?



※「はたじょ」調べ ●調査期間/2018年11月30日〜12月5日
●年齢/20〜29歳17%、30〜39歳47%、40〜49歳27%、50歳以上9%
●雇用形態/正社員56%、契約社員7%、派遣社員4%、パート・アルバイト24%、フリーランス2%、経営者4%、その他3%






活用したい制度


活用したい制度_img


企業型確定拠出年金(企業型DC)制度


企業が掛け金を毎月積み立て(拠出)し、従業員(加入者)が自ら年金資産の運用を行う制度です。従業員は掛け金をもとに、金融商品の選択や資産配分の決定など、さまざまな運用を行います。そして定年退職を迎える60歳以降に、積み立ててきた年金資産を一時金(退職金)、もしくは年金の形式で受け取ります。注意点として、積み立てた年金資産は原則60歳まで引き出すことはできません。


個人型確拠出年金(iDeCo)制度


国民年金や厚生年金などの公的年金に上乗せされる、老後資金づくりを目的とする年金制度のひとつです。加入者が掛金を出して、自ら金融商品を選んで運用を行い、積み立てた資産は60歳以降に一括または分割で受け取ります。また、自らが行う運用の成績によって、将来受け取る金額が変わってきます。iDeCoは2017年1月から利用対象者が拡大し、自営業者や会社員、公務員、専業主婦など20歳以上60歳未満の人であればほとんど全員が加入できるようになりました。


一般NISA(少額投資非課税制度)


投資によって得られた収益が非課税となる制度です。例えば投資をして10万円の収益がでたとすると、本来であれば20%が課税されますので2万円が税金となり、手元に残るのは8万円となります。一般NISAを活用して投資をすると非課税となり、税金が引かれませんので10万円丸々手元に残るというわけです。非課税投資枠は年間120万円までとなっています。そしてその枠内で投資を行って得られた収益は最長5年間、非課税となります。5年間でトータル最大600万円(120万円×5年間)までの投資元本から得られる収益について非課税となります。


つみたてNISA
(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)


2018年1月開始の長期的な資産形成を行いたい投資の未経験者・初心者をサポートするために導入された非課税制度です。非課税となる投資枠は年間40万円までです。その枠内で定期的に継続して積立投資を行って得られた収益について最長20年間、非課税となります。トータルの投資総額で最大800万円(40万円×20年間)の投資元本から得られる収益が非課税となります。






「働く女性のためのキャリアデザインセミナー」開催!
《詳しくはこちら》



scroll_top