【広島県廿日市】宮島に渡らなくても楽しめる!宮島口おすすめスポット

この記事は2021年11月19日に作成および更新したものです。
おでかけやご利用の際は公式サイト等で最新の情報を確認してください。
宮島口おすすめスポット
駅とフェリー乗り場がある宮島口は、宮島に渡るための場所というイメージが強いですが、実は、新しくオープンした商業施設や素敵なカフェもある魅力ある場所です!
今回は、宮島口エリアのおすすめスポット4つを御紹介します。

▼この記事を読んで分かること
◎宮島口駅エリアおすすめスポット。
◎ettoの16のショップ&レストラン。
◎絶品あなごめしが食べられるうえの。

この記事を読めば、おすすめティーラウンジやカフェもわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

1.HIRODEN etto

etto


16のショップ&レストラン

宮島口駅から徒歩1分、宮島へ渡るフェリー乗り場直結の観光商業施設「etto(エット)」には、16のショップとレストランが入っています。

▼1階いつくしマルシェ
・楓乃樹(洋菓子)
・Patisserie Paques(ドリンク・洋菓子)
・やまだ屋(和菓子)
・島ごころSETODA(ドリンク・広島みやげ)
・しかとレモン(広島みやげ)
・伊都岐珈琲(コーヒースタンド)
・瀬戸内レモン農園(テイクアウト・広島みやげ)
・安芸の幸たかき(広島みやげ)
・牡蠣の門(牡蠣専門店)
・お酒の美術館(パブ)
・カクイチ横丁(テイクアウト・広島みやげ)
・旅行の友本舗(テイクアウト・広島みやげ)

▼2階おおごっつぉうダイニング
・広島ラーメン椛(ラーメン)
・伊都岐珈琲 THE TERRACE(カフェ)
・ちんちくりん(お好み焼き・鉄板焼き)
・100時間カレー(カレー)

1階はショッピングやちょっと休憩をしたい時に、2階はお昼や夕ご飯を食べたいときにおすすめです。

1階の入り口すぐの「旅行の友本舗」では、こだわりの素材でにぎる手作りおむすびが食べられ、ここだけしか手に入らない関連グッズや商品が並んでいます。
定番のふりかけはもちろん、スーパーでは見かけないような珍しいふりかけもあり、ワクワクするお店です。
「伊都岐珈琲」は、フェリー乗り場が見える場所にイートインスペースがあり、宮島の玄関口を眺めながらのんびりと珈琲を飲むことができます。
中央にある「島ごころSETODA」で買えるまるごとレモンが入ったレモンサワーは、インスタ映え間違いなしの見た目!
2階では、ラーメン、お好み焼き、カレーなどが食べられます。

子どもから大人まで楽しめる体験型展示スペース

2階には、廿日市の魅力がわかる展示スペースがあります。
廿日市の魅力を紹介するパネルや動画が流れるスクリーンの他、自由に手に取って遊べるけん玉コーナーや、自分の体を画面に映して様々な着物を試せる電子パネルなど、体験型の展示もあり子どもから大人まで楽しめる場所です。

また、展示エリアから対岸の宮島やフェリーを眺める展望デッキに出ることができ、人気の撮影スポットとなっています。


名称
HIRODEN etto
住所
広島県廿日市市宮島口1丁目11−8
TEL
0829-30-6930
ホームページ
HIRODEN etto


2.あなごめし うえの 宮島口本店

うえのや
あなごめし

創業明治34年の老舗

宮島口で人気のあなごめしが食べられる「うえの宮島口本店」。
宮島口でお昼を食べるならこちらのお店がおすすめ!

100年続く伝統のあなごめしを出来立てほかほかで楽しめます。
漆椀で出てくる脂がのったジューシーなあなごめしは、まさに大人の贅沢
ふっくら焼きあがったあなごから炭火の香りがして、1つ1つ丁寧に焼いているのが伝わってきます。
漬物と味噌汁も付いてきますよ。
基本サイズの「あなごめし上」で、2250円と値段は張りますが、一度食べて欲しいご当地御飯です。

▼メニュー
・あなごめし小:1950円
・あなごめし上:2250円
・あなごめし特上:2750円
・あなごの白焼き:1300円
・あなごの蒲焼き:1300円


持ち帰り用弁当もある

私が行ったのは平日の午前11時頃だったにも関わらず、既に10組ぐらい待っていました。
同店は、電話での席予約は受け付けていません。
食堂の左側にある待合所で名前を書いて呼ばれるまで待ちます。
待合所には、屋根があり、座る場所が沢山あるので雨でも安心でした。

また、店頭でお弁当も販売しています。
ミニ、小、レギュラー、特上とサイズがあり、値段は1512円~2700円。
お弁当は1か月前から予約可能です。
当日店頭で購入することも可能で、お土産にもおすすめ。
お弁当は、何時までに買いにくるのがいいか聞いてみると、「17時頃には売り切れになることもあります」とのことでした。
食堂で出来立てを食べるのが一番おすすめですが、その日の予定に合わせてお弁当を利用するのも良さそうです。


名前
あなごめし うえの
住所
広島県廿日市市宮島口1-5-11
TEL
0829-56-0006
時間
弁当:09:00~19:00(水曜18:00)※売り切れ終了
食堂:10:00~19:00(水曜18:00)※売り切れ終了
ホームページ
あなごめし うえの


3.ティーラウンジやカフェ

シーガル


安芸グランドホテル ティーラウンジ「シーガル」

宮島口には、旅館やホテルが沢山あります。
安芸グランドホテル3階にあるティーラウンジ「シーガル」では、宮島と瀬戸内の大パノラマを眺めながら軽食やドリンクを楽しめます。
もちろん宿泊者でなくても利用可能。
2段のプレートにスコーンやサンドイッチが乗ったアフタヌーンティーは1250円~とお手頃価格。
女子旅やデートにおすすめです。


名前
安芸グランドホテル ティーラウンジ シーガル
住所
広島県廿日市市宮島口西1丁目1-17
TEL
0829-56-0111
時間
8:00~18:00
ホームページ
安芸グランドホテル


古今果 COCONCA

宮島口駅からフェリー乗り場に向かうと、左手に見えてくるおしゃれなお店が、もみじ饅頭で有名な藤い屋が90年の伝統のあんづくりをいかし、誕生した古今和洋菓子処「古今果」です。
目をひくおしゃれな建物は、建築家中村拓志氏が設計しています。

1階は菓子工房になっており、あんを使ったお菓子はもちろん、瀬戸内の果物を使ったスイーツなど和と洋の垣根を越えた見た目も美しいお菓子が並びます。
2階はカフェになっており、和と洋の両方を感じる空間でお菓子を味わうことができますよ。


名前
古今和洋菓子処 古今果 本店
住所
広島県廿日市市宮島口1丁目12−5
TEL
0829-20-5670
時間
1階店舗:10:00~18:30
2階カフェ:10:00~17:30
ホームページ
古今果


4.まとめ

今回は、食事系のお店の紹介が多くなりましたが、少し車を走らせれば初心者でも気軽にクライミングに挑戦できるチューピーパークなど体を動かすスポットもあります。

さらに、宮島口駅は、フェリー乗り場により近くなる移設工事が行われており、2022年に完成予定です。
新しい駅ができると、よりにぎわいを見せそうな注目エリア。
週末のお出かけや旅行にいかがでしょうか。

宮島口周辺のホテルをお探しの方はこちらの記事もおすすめです!
(担当ライター:木村恵里子