【ひろしまドイツクリスマスマーケット 2022】3年ぶりに現地開催するクリスマスイベントを楽しもう!/広島市中区

この記事は2022年12月9日に作成および更新したものです。
おでかけやご利用の際は公式サイト等で最新情報を確認してください。
ひろしまドイツ-クリスマスマーケット2022

2022年12月16日(金)から12月18日(日)まで、アーバンビューグランドタワー 1F 東側公開空地(広島市中区上八丁堀)にて「ひろしまドイツクリスマスマーケット」が開催されます。
入場は無料。

2015年からつづいている「クリスマスイベント」は、新型コロナの影響で、2年はホームページ上での開催でした。
このたび3年ぶりに、広島に冬の風物詩が帰ってきます。
ドイツスタイルのヒュッテ(屋台)には、ドイツグルメや雑貨がならび、ライブステージもたのしめますよ。

今回、クリスマスマーケットの詳細をお伝えします。

▼この記事を読んで分かること
◎「ひろしまドイツクリスマスマーケット」とは?
◎出店ショップ情報。
◎ライブステージについて。

この記事を読めば、「ひろしまドイツクリスマスマーケット2022」の楽しみかたについてわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

1. ひろしまドイツクリスマスマーケットとは?

★ 2022年で6回目を迎えるイベント

2015年からスタートしたイベントも、今年で6回目を迎えます。
今年は「アーバンビューグランドタワー 1F 東側公開空地」が会場となります。


クリスマス前になると、ドイツではどこへ行っても、町の中心にはクリスマス風の飾りつけをした屋台がならびます。
そこでは、グリューワイン(ホットワイン)やソーセージ、シュトレン(伝統的なお菓子)が売られています。
そのクリスマスマーケットにはたくさんの人が訪れ、クリスマス気分を満喫。


「ひろしまドイツクリスマスマーケット」は、広島にいながら、そのドイツクリスマスマーケットをたのしめる催しとなっているのです。


★「ひろしまドイツクリスマスマーケット」は、こうして始まった。

2018アーバンビューグランドタワーにてヒュッテを囲む飲食雑貨店

ステファン・バリン氏

ひろしまクリスマスマーケット実行委員会の木村雅彦さんにお話を伺いました。


木村雅彦さん:「《ひろしまドイツクリスマスマーケット》の仕掛け人は、広島に15年近く在住するドイツ人、ステファン・バリン氏です。

ドイツでは、『冬の風物詩』である『クリスマスマーケット』が、広島にないことを寂しく思い、実現しました。」


★ 開催目的

「広島市は1983年にドイツのハノーバー市と姉妹都市提携を結び、30数年来、相互交流を深めてきました。私たちはドイツの食文化や音楽などを提供するドイツスタイルのクリスマスマーケットの開催を通し、両国のさらなる文化交流の発展と地域の賑わいを創出し、平和都市ひろしまにふさわしい新しい冬の風物詩の創造をめざします。


ヒュッテ・ライブ

クリスマスイルミネーションで装飾されたヒュッテによる冬の美しい景観づくりでドイツ西欧文化とのふれあい、交流を通して、広島市内のまちの活性化や良好なまちづくりに寄与します。特に今年はコロナ禍の為、感染対策を十分に施して広島市民を中心とした県外、海外広くどなたでも参加できるイベントにしてまいります。」


と、実行委員会の木村さんより説明を受けました。


2.「ひろしまドイツクリスマスマーケット 2022」を楽しむ方法

★ 出店するショップ情報

12月16日(金)、17日(土)、18日(日)
12:00~20:30(最終日は19:00)


ヒュッテ等による16店舗のドイツクリスマス雑貨、およびドイツクリスマス飲食販売があります。
たとえば、ホットワイン、ドイツビール、ドイツソーセージ、シュトレンなどを堪能できます。


ショップ1

ショップ2


ショップ3

ショップ4


会場レイアウト

詳しい情報は、
ホームページの【ショップリスト】をご覧ください。

ショップリスト
ショップリスト


★ ライブステージ

ライブ-クリスマス電車

12月16日(金)、17日(土)、18日(日)
12:00~20:30(最終日は19:00)


ひろしまドイツクリスマスマーケットは、プロ、アマチュア15組による、クリスマス生ライブが会場を盛り上げます。


ライブ

ライブ2

ライブ3

ライブ4

出演スケジュールなど、詳しい情報は、
ホームページの【ライブ】をご覧ください。



ライブ/出演スケジュール
ライブ


筆者は、2015年の初回からライブに出演させていただいています。
わが楽団が結成したきっかけは、この「ひろしまドイツクリスマスマーケット」なのです。
楽団名もドイツ語で「Lindenbaum」(リンデンバウム)。日本語では「西洋菩提樹」の意味です。


チラシ

これまでも、筆者はライブ出演後にショップで買い物をしたり、美味しいものをヒュッテで買って、ライブを眺めながら食べたりするのが恒例でした。
筆者はドイツを訪問したことがあるので、ホットワインを飲みながら過ごしていると、ドイツを思い出し嬉しくなります。


クリッペ

キリストの生誕の場面をあらわした「クリッペ」


3.まとめ

●「ひろしまドイツクリスマスマーケット」は、2022年12月16日(金)、17日(土)、18日(日)。
●開催時間は、12:00~20:30(最終日は19:00)。
●開催地は、アーバンビューグランドタワー 1F 東側公開空地。入場無料。飲食販売は有料。
●ヒュッテ(屋台)のショップ(有料)や、ライブステージ(無料)をたのしめる。


クリスマス前のひととき、皆さんも仕事帰りや休日にヒュッテをめぐり、ライブの生演奏や、おいしいものを満喫してみませんか?


名称
ひろしまドイツクリスマスマーケット 2022
事務局
木村雅彦
TEL
080-5237-2257
ホームページ
ひろしまドイツクリスマスマーケット
Facebook
ひろしまドイツクリスマスマーケット
Twitter
hiroshimaxmasmarket
Instagram
hiroshimaxmasmarket


(担当ライター:山田典子