オトナ女子に人気!スクラッチアートで集中!おうち時間を有意義に


scratchart01


おうち時間を過ごすことが多くなりましたね。
みなさんはどのようにして過ごしていますか?
なんとなくダラダラしてしまって1日が終わる…そんな経験はありませんか?
何かしたいとは思いつつ…何もできなかった…。
その気持ちよくわかります(笑)
せっかくのおうち時間、何かしたいとは思っているけど何ができるかな?と思っている方にオススメしたいことがあります。
その名も「スクラッチアート」!
何か趣味を持ちたい方、新しいことを始めたいと思っている方にもオススメです!

もくじ

scratchart02


「スクラッチアート」ってなに?


みなさんはご存じでしょうか?「スクラッチアート」。
もしかすると、見たことや聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。
スクラッチアートとは一言でいうと、今アメリカをはじめ海外で大人気の「お絵描きアート」のことです。
海外では子ども向けに発売されましたが、日本では大人向けにも商品展開されていて話題になっています。


・2層構造の台紙(表面は黒色、下層はホログラムなどカラフルな模様)

・黒い表面を削ると下から綺麗な色が浮かび上がり模様になる

・削り方を変えるだけで世界に一つだけの自分の作品ができる

scratchart05


子どもから大人まで夢中になる理由


海外の子どもたちから人気が広まった「スクラッチアート」。
子どもに人気な理由は何といっても「楽しい」から!
楽しくないと遊びでもすぐ飽きちゃいますよね。
そして「スクラッチアート」は、遊びながら「集中力」が鍛えられると言われています。
遊びに夢中な状態って実は「集中している状態」と言えるのではないでしょうか?
そして、単なる遊びとしてだけではなく、子どもたちの学びに必要な力を付ける教材として「スクラッチアート」が注目されています。(参考:学研 https://gakken-ep.jp/extra/scratchart/
先程、日本では「スクラッチアート」が子どもから大人にまで幅広く人気とお伝えしましたが、大人にも嬉しい効果があると言われています!


・集中することでストレス軽減に繋がる
(ひとつの作業に集中していると雑念が消えます。写経に近い感覚かもしれませんね)

・どんな絵に仕上がるのか考えながら進めるので脳トレになる

・手先を使うのでリハビリに効果的と、高齢者施設などでも広く利用されている

・自律神経を整える効果
(単純作業をつづけることで心が落ち着き自律神経に影響すると言われている)

など、様々な効果があると言われています!
そして一番は、完成した時の嬉しさや達成感も良い効果になるのではないかと思います。


百聞は一見に如かず…「スクラッチアート」に挑戦!

scratchart03


私は「スクラッチアート」の初心者なので、今回は手軽に初心者でも始められる100円ショップのもので挑戦します!
台紙や削る竹串がセットになっているので、他で用意するものはありません。(これが嬉しい!)
早速、削っていきます!削る部分は白線になっているので、竹串でなぞって削るだけです!本当に簡単です!
削っていくと下から綺麗な色のホログラムが出てきました!削る場所によって色が違うみたいです。
白線部分は曲線が多いので、集中していないと綺麗になぞれません。
少しズレてしまっても大丈夫です(笑)
黙々と作業を進めていきます…
慣れてきたら、削る筆圧も一定になってきました!白線もズレずに削れました!
開始から1時間掛からずに完成しました!

scratchart04


「スクラッチアート」の気付きと感想


「スクラッチアート」を試してみて初めて気付いたことがあります。
ひとつは「いつもより集中力が続いたこと」。
普段の仕事や勉強での集中力は、私の場合長くて30分程度です。
なので、30分程度頑張ったら一度離れて休憩をして再度…というのがいつもの流れです。
(集中力が持続しにくいのが悩みです…)
今回の「スクラッチアート」は1時間程度で完成しましたが、完成まで1度も休憩をせずに集中することができました!
そして、完成した時に「頭の中がスッキリすること」「肩こりがない」ことにも驚きました!
本当にビックリです!
「集中することがリラックスに繋がる」と言われる理由が分かった気がします。


初めてのことに「挑戦」するときって、ハードルを高く感じてしまいがちですよね。
「うまく出来なかったら…」「楽しめるかな?」と色々考えてしまします。
でも、きっと子どもの頃は「挑戦」することに対してワクワクしかなかったと思うんです。
大人になって「挑戦」することが減ってしまったからでしょうか…。
「スクラッチアート」を通して、削って削って綺麗な模様が浮かび上がってくるのを見て、ワクワクしました。
おうち時間が増えた今、子どもの頃の気持ちでワクワクを探す時間を見つけてくださいね!

scratchart06

(担当ライター:森下恵